syu.png
最近では「AR」という言葉を広告業界でもよく聞かれるようになっています。一言で「AR」といっても、いろいろな種類があるんです。ここでは、代表的な3つのタイプ「GPSタイプ」「マーカータイプ」「マーカーレスタイプ」 の説明をしていきます。タイプの違いを理解して、用途にあわせてた使い方を考えていきましょう。

syu01.png
「セカイカメラ」「レイヤー」に代表されるGPSを用いて「タグ(バーチャル看板)」
が表示される、精度が悪く、タグがたくさん有り過ぎるなど問題点多いのが難点です。

syu02.png
「QR(2次元バーコード)」の様なARマーカーを、トリガーポイント(目印)として利用。
ユーザーが自分でARマーカーを印刷したり、印刷物にARマーカーを添付しなければならないといった手間が掛かるのが難点です。

syu03.png
ARマーカーなどを必要としない、自由度の高いタイプの新しい技術。
トリガーポイントの設定は自由。(既存のバーコードなどを読み取ることも可能)
既に印刷されてある部分をトリガーポイントに設定できるので経度が高く、即効的。
平面などを感知をして、自然な表現が可能です。
カマタは、他社に先駆けてiPhoneに実装しました。
rei.jpg

butai.jpg

これまでのARは、QRコードなどトリガーとなる「マーカー」(目印)が必要でしたが、カマタARならロゴマーク等をトリガーポイントとして使用できます。
ロゴなどを認識した時に、3Dバーチャルキャラクターや、平面写真から合成したキャラクターが登場して、様々な動きをしてくれます。iPhone iOS3.2では、写真を撮った静止画に再生。iPhone iOS4.0からは、リアルタイムで画面に表示出来ます。
また、水平面を感知するので箱形の商品のアピールする際には、商品を「舞台」にすることも可能です。

pagetop.gif

taiken01.pngtaiken01.png

ipai_s.jpg
ARを説明する上で、一番わかりやすいのが「体感」………
LinkIcon続きを読む

Ocean_s.jpg
レッドオーシャンからブルーオーシャンへ………
LinkIcon続きを読む

ARだけじゃない!!
カマタではこんなことも
やってます!!

新カマタサイト.jpg

LinkIcon会社案内へGO!