商品価値を充分に伝えられる見せ方とは

時代とともに購買スタイルが変化し、対面販売・電話販売・そしてインターネット販売と、個人が都合の良い方法を選べるようになりました。そして同様に商品の情報も様々なメディアから発信されています。
特に昨今はインターネットの普及により、お客様自身が必要な情報を簡単に得て選択できるようになりました。それは言い換えればチラシ等の従来の媒体だけでは、多様化したニーズに対する情報が難しくなってきているといえます。
例えば同じ商品を購入する場合でも、物品であれば自分用に購入するのか、プレゼントにするのか。また旅行やエステなどのサービス商品であれば誰と行くのか、目的は何かなど、お客様個々人によって求めるものが違います。お客様は似たような商品があった場合、どちらが自分にマッチしているかをその掲載情報をもとにして取捨選択します。
つまり本当に良い商品であっても、お客様が必要な情報が不足していれば購買行動に繋がってはいかないのです。

sinia.jpgpaso.jpg

▶そこで購買行動に繋げるために、お客様が必要な情報を効率的に発信する。
 その方法とは……。

強力な情報伝達力がある「長尺動画」をお勧めします! 

E02717_2.jpg

人は情報の8割を視覚から得ると言われています。動画を利用した情報の伝達は、文字と写真だけによる情報の伝達よりも情報量が多くなり、多くのことを伝えることができます。それによって影響力も大きくなり、また、情報を受け取る側では理解しやすくなります。
「百聞は一見にしかず」……
このことを、より強力に示すのが、長尺動画と判断します。

ryokan.png

pagetop.gif

QRモバイルだけじゃない!!
カマタではこんなことも
やってます!!

新カマタサイト.jpg

LinkIcon会社案内へGO!